参加する
「天使が描いた絵」を
一冊の画集に仕上げる
全国横断プロジェクト
天使が描く
一瞬の芸術。
もう、
らくがきって
いわないで

エンジェルピクチャープロジェクト

子ども達が描いた芸術を画集にして、
未来へ残すプロジェクト

子ども達の描く、「絵」は、『天使が描き出した一瞬の芸術』です。
Angel Picture Project(エンジェル・ピクチャー・プロジェクト)は、「子ども達の描く芸術」を画集にして、
国立国会図書館へ納め、後世に残していきます。

プロジェクトに参加して、子ども達の貴重な作品をずっと残そう!

「本を遊ぶ」というコンセプトで楽しもう!!

子どもも大人も、、、一緒になって、みんなの画集を完成させよう!

参加作品をまとめた画集を
電子書籍と印刷本の2種類制作

印刷本版の画集は、ISBNを付加して国会図書館へ収蔵!

ISBN(アイエスビーエヌ、International Standard Book Number)は、世界共通で図書(書籍)を特定するための番号。
日本語に訳すと国際標準図書番号となる。日本では、これを基に日本図書コードとして使用されている。

国立国会図書館
お子様の作品を、
文化的資産として後世に!

国立国会図書館は、収集した資料を国の文化的資産として蓄積し後世に伝えるという役割を担っています。

プロジェクトについて

Angel Picture Projectは、JETDAのコンセプト※に賛同いただける
保育園・幼稚園・認定こども園、そして保護者の方々と連携して
「天使が描いた絵」を一冊の画集に仕上げる全国横断プロジェクトです。
お絵描きは、言葉が未熟な小さな子どもが生まれて初めて手にする自己表現の手段です。子ども達は自分の拙い言葉では伝えきれない想いを絵に描くことで表現します。子ども達が描く絵には何の作為も邪気ありません。それはまさに天使が描いた一瞬の芸術であり、見る側に様々な想像や感慨を与えてくれる貴重なものです。
JETDA

JETDAのコンセプトとは?

「本を遊ぶ」をコンセプトに、一人でも多くの方に本を読むものとしてのみならず、作ったり、参加したりできる環境づくりの活動を行っております。

プロジェクトの6つのポイント

コンテストではなく参加作品はすべて採用、掲載!

格付け、品評、コメント付けや区分けなどは行わず、参加作品は原則すべて採用、掲載します。
※第三者の著作権を侵害する(有名キャラクターなどが描かれた場合など)恐れがあるものは、協会より事前に権利者へ掲載可否の確認を行います。また、著しく読者へ不快感を与えかねない公序良俗に反する作品は掲載をお断りする場合がございます。

作品の形状を問わない、画像データでの投稿!

作品を写真撮影した画像データでご応募いただきますので、画用紙以外(家の壁や家具、砂場など)に描かれたものでも構いません。
※画像データのため、手振れ、ライティングなど撮影上の不具合による品質の劣化はご応募者のご判断にてお願いいたします。

参加作品は画集として制作、長期保存されます!

参加作品の全てを掲載した画集を、国会図書館へ寄贈し恒久的に国民の共有財産として保存します。
また参加園単位でのミニ画集も作成します。
(ミニ画集は参加園へ1冊寄贈・ご希望者(保護者の方など)は実費(100Pで1,500円程度)でご購入いただけます。)

参加園ごとの方針や取組みを反映できます♥

ご参画いただける各々の保育園・幼稚園・認定こども園のAngel Picture Projectに対する考えや取組みを反映させる事が可能です。例えば、園が主体となり、テーマを決めて参加作品を投稿するケースや園と保護者が連携して、自由なテーマで保護者が投稿するケースなどが可能です。また、できあがった画集を園や保護者会が卒園記念品にされるケースもあります。

収益の一部は子どもの健やかな成長を支援する活動に寄付!

参加作品すべての全画集の電子書籍版を作成し、電子書店にて販売します。収益の一部は子供の教育に役立つ団体へ寄付します。(団体選定中)また参加園単位のミニ画集の電子書籍版は、WEBにて閲覧可能(保護者限定)です。

参加児童にJETDA発行の「画伯認定書」を授与!

プロジェクト参加の記念として、JETDAが発行する「画伯認定書」を参加児童に授与させていただきます。

Angel Picture Project
全国の幼稚園、
保育園、
認定こども園と
連携を推進中!

出生率の低下と少子高齢化が進むこの国において、子どもはかけがえのない宝であることは言うまでもありません。社会として子ども達の健やかな成長を支え、応援することが求められている昨今、私たちJETDAにもできることはないだろうかと考え、企画したのがこのAngel Picture Project(エンジェル・ピクチャー・プロジェクト)です。

JETDAでは、「本を遊ぶ」というコンセプトで、一人でも多くの方に本を読むものとしてのみならず、作ったり、参加したりできる環境づくりの活動をしており、今回は、未就学児童に「本を遊ぶ」体験をしてもらう事と「描くことを通じて豊かな感性や表現する力の育成」につながればと考えています。

Angel Picture Projectのねらい
本好きの子どもを増やしたい

絵から本ができるまでの過程を
実体験で学ぶ機会

本を遊ぶ
体験
自由に
描くこと

本との出会いを提供

Angel Picture Projectを通じて、自由に描くことで

豊かな感性や表現する力の育成

成果物を用いて、親や友達、先生等との

コミュニケーション力を養う

自分の描いた絵が本になる喜びとともに

子ども達に達成感を実感してもらう

成果物を用いて、親や友達、先生等との

認められる喜び

保育及び教育機関
【保育園・幼稚園・認定こども園】
保護者
地域社会
機会を与え育む取り組み
みんなで共有する

保育園・幼稚園・認定こども園の担当者の方へ

参加方法

STEP.01
保育園・幼稚園
エントリー
園単位のエントリーが必要です
エントリー
フォーム
STEP.02
各園ごとに
参加投稿期間が
割り当てられます
STEP.03
参加投稿スタート
サイトから投稿してください
作品投稿
フォーム
STEP.04
投稿完了
STEP.01
保育園・幼稚園エントリー
園単位のエントリーが必要です
エントリー
フォーム
STEP.02
各園ごとに参加投稿期間が割り当てられます
STEP.03
参加投稿スタート
作品投稿
フォーム
STEP.04
投稿完了
FINISH
完成した画集を国会図書館に収蔵!
各園ごとに「ミニ画集」をお届けします。
  1. ①参加申し込み(別途参加申込書、もしくは専用フォームにてお申し込みください。)
  2. ②作品収集(園の方針に合わせて期間内で自由にお取り組みください。)
  3. ③作品応募(専用フォームにて画像をお送りください。納品希望日に応じて投稿期間が設定されます。)
     ※「ミニ画集」の追加がある場合はこの期間でのご注文がお得です。追加注文はいつでも可能です。
  4. ④「ミニ画集」、および、「画伯認定証」参加園児数分(予備含みます)送付
  5. ⑤「全集」国立国会図書館へ寄贈、および、販売開始※全集の完成、および、寄贈は期間終了後の2019年5月頃となります。
  6. ⑥参加費用(30,000円/園毎 ※エントリー後に案内が届きます)

企画概要

募集期間
2018年4月〜2019年3月(入所・入園年次単位)
企画主体
Angel Picture Projec実行委員会(各ご参加園、一般社団法人日本電子書籍技術普及協会(JETDA)
主 催
一般社団法人日本電子書籍技術普及協会
協 賛
各企業、団体
作品投稿要項
①画像データ②タイトル③居住エリア(都道府県)④作者名(ペンネーム可)⑤作者の年齢(以上5項目は作品キャプションとして掲載)⑥保護者とお子様の氏名⑦年齢⑧職業⑨住所⑩メールアドレス(以上5項目は事務処理利用)
※運用時に一部内容は変更される場合がございます。応募は作者1名につき1作品となります
全画集寄贈
2019年5月頃
※画集1冊につき、掲載点数は300~500作品。以降分冊対応

PICK UP 参加作品

Angel Picture Projectに参加投稿されたみんなの作品をピックアップ!